11月22日[水]本場開催場外発売BPみやき開設8周年記念
G3多摩川
住之江一般
大村一般
びわこ一般
戸田一般
SG下関
福岡一般
からポクラブ秋のキャンペーン実施中!
第1R 一  般   
11月22日 電投締切予定時刻 08:51

ご利用環境によっては、「裏実況放送」の読み込みに時間がかかる場合や、視聴できない場合があります。

予選最終を連勝の稲田浩二が逆転で首位通過を果たす
「BPみやき開設8周年記念」は予選最終日が行われて、ベスト24が決定した。トップ通過を果たしたのは稲田浩二で、連勝の活躍で前日の5位タイから逆転で首位通過となった。2位は今年4回目の優勝に挑んでいる渡辺伸太郎、3位は出足が節一の小野勇作で、4位の山地正樹までが準優進出戦の1号艇を手に入れた。地元の古賀繁輝は気温上昇で出足が落ちてしまい2、4着で8位通過。益田啓司もピリッとしない舟足で大きな着もあり、13位と不本意な予選となった。ボーダーは5・00で玄馬徹が食い込み4・80の渡辺崇が惜しくも次点だった。4日目は準優進出戦がメイン。好枠をゲットした山地、小野、渡辺伸、稲田がイン戦で主導権を握るが、エンジンに手応えありは小野と稲田で、山地と渡辺伸は上位との差を感じている。幸いに山地の9Rは噴いている選手が不在だが、渡辺伸が逃げを狙う11Rは石田豪、小林一樹、打越晶がまずまずの動きを見せており波乱の結末となるかも。




  
   
コピーライト リンクコーナー プライバシーポリシー 推奨環境 ご意見・お問い合わせ